トップイメージ

こちらのサイトは「ヤツヤムカ」とは関係ありません。

プレミアリーグについて

プレミアリーグ概要

20クラブが所属し、ホーム・アンド・アウェー方式による2回総当りで8月から翌年5月にかけて全38試合を戦う。勝ち点はそれぞれ勝利が3、引き分けが1、負けが0となっており、獲得した勝ち点によって順位を決定する。

勝ち点が等しい場合は得失点差、それも等しい場合は総得点による。優勝クラブ及び2位クラブには、翌年度のUEFAチャンピオンズリーグの本大会への出場資格が、3位および4位クラブには予備予選への出場資格が与えられる。

また、下位の3クラブが自動的に2部相当のFLチャンピオンシップに降格し、FLチャンピオンシップからは上位2クラブと3〜6位の4クラブを対象としたプレーオフを勝ち抜いたクラブが昇格する。

外国人選手の登録は、EU及びEFTA加盟国の国籍を持つ選手は登録無制限。それ以外の登録はサブ登録を含め3人までである。

現在はバークレイズが冠スポンサーとなっており「バークレイズ・プレミアリーグ」と称している。

優勝チームは翌シーズン、袖に刺繍されている獅子のロゴが金色になる(通常は紺)。

プレミアリーグの特徴

2003年頃からプレミアリーグに所属する各クラブが外国人投資家に買収されるようになり、現在(2007年)ではリヴァプール(アメリカ人)、マンチェスターU.(アメリカ人)、チェルシー(ロシア人)といったビッグクラブやポーツマス(ロシア系フランス人)、マンチェスターC.(UAE人)などといった中堅クラブまでが外国人がオーナーのクラブとなっている。2007年9月現在、プレミアリーグ所属20クラブ中8クラブが外国人がオーナー職を勤めている。

オフィシャルパートナー契約の企業にはバドワイザーやナイキといった世界的企業が支援している。

2007-2008シーズンは8月11日に開幕したが、日本国内の放送権獲得の遅れにより開幕戦はすべて放送されなかった。ただし開幕から3日後、8月13日になってJ SPORTSが2007-2008シーズンから3シーズンに渡り放送権を獲得したと発表。他にNHK衛星第1テレビジョンでも中継される。(週に1〜3試合。うち1試合は当日の生中継か録画)

イングランドにおける就労ビザ発行の問題から南米出身(特にブラジル)の選手が少なく、南米出身の選手を獲得しても就労ビザの発行までレンタルというケースも少なくない(但しデニウソン、アンデルソンといった特別な才能を持つ選手は特例でビザが支給された)。

ブラジル出身で活躍する選手も少なく、現在(2008年夏)ブラジル出身でプレミアリーグで活躍している著名な選手はアレックス等。

2008-2009シーズン所属クラブ

アーセナル アストン・ヴィラ

ブラックバーン・ローヴァーズ

ボルトン・ワンダラーズ

チェルシー

エヴァートン

フルハム

ハル・シティ

リヴァプール

マンチェスター・シティ

マンチェスター・ユナイテッド

ミドルスブラ

ニューカッスル・ユナイテッド

ポーツマス

ストーク・シティ

サンダーランド

トッテナム・ホットスパー

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

ウェストハム・ユナイテッド

ウィガン・アスレティック

参考:wikipedia

-イギリス最新トピックス-

<PR> パーティー用コスプレ★おもしろショップ ぎっくり腰 ドライブレコーダー徹底比較 少年サッカーチーム 黒酢ドリンク通販.com お化け屋敷ランキングと赤外線小型ビデオ
運転免許再取得 北京オリンピック ドライブレコーダー最新 野菜ジュースまとめ買い 早漏克服に効果的な方法
Copyright (C) 2008 イギリスのフットボール. All Rights Reserved.